植物マグマ イノチの塩

¥2,300(税別)

野生の植物や海藻などから抽出された野生植物マグマミネラルを天日塩に約3%配合して特殊高熱処理を施しました。
野生の生命力が作り出すミネラルバランスが響きます。

料理につかえば、その質を向上させおいしくなります。
食品の鮮度保持にも通常のお塩よりも高い働きをします。

買い物かご 商品を購入する

野草たちの旺盛な生命力のエッセンスを活かした塩です。

約30種類の野生の植物、海藻など
野草や海藻たちの生命力のとてつもない強さは、一目瞭然。痩せた土地だろうと肥料を与えることもないのに、勝手に繁殖していきます。そのミネラルのバランスには、この力強い生命の力が宿っているのです。

十数種類の野生の植物、海藻などを、千数百度の高温で焼くと溶けた溶岩のような状態になります。これを開発者の中山栄基氏は植物マグマと呼んでいます。これだけの高温で焼くと、植物の中の炭素、酸素、水素、窒素などはすっかり無くなり、植物の中に5%含まれている、ミネラル分だけが残ります。

イノチの塩は、この貴重な野生植物マグマミネラルを天日海塩に3%配合してもういちど高熱処理を施してから粉末にした塩です。(最終製品には約5%生物ミネラルが含まれています)一般的な塩に比べると、還元力があるのがひとつの特徴です。

 

イノチの塩の特徴、還元力とは


「還元」とは「酸化」のちょうど反対の作用のことです。

酸化されることは生体にとってあまり良くないことだということは分かります。油が劣化する、鉄が錆びるといったことは、それらが酸化されたということです。少し専門的に言うと、「酸化とは電子を奪う」ことです。

還元するというのは逆に「電子を与える」ということです。
植物は太陽の光のエネルギーを利用して空気中の二酸化炭素を還元して糖分を作ります。植物の葉緑素の中で光のエネルギーはいったん電子に変換されます。この電子のエネルギーが二酸化炭素に加わって糖分ができて、それが地球上の生命を養っています。
このように電子とは生命エネルギーのひとつの形です。

この電子を与える性質を持っているのが、一般の塩とは全く異なるイノチの塩の大きな特徴なのです。

酸化還元
電子(生命エネルギー)を奪う電子(生命エネルギー)を与える
鉄が錆びる錆びをとる
油が劣化する劣化を抑える
老化する若返る

イノチの塩を利用して、おいしくて健康的な食生活をお楽しみください。

いろいろな料理に適量加えて
食材のおいしさを引き出します。
サラダやおにぎりは特においしいです。
イノチの塩だけで和えたおひたしなど野菜そのものの深い味わいを楽しめます。
お料理の味が変わりにくくなります。
ご飯を炊くときに適量入れる。
香りが良く、甘みが引き出されます。
お魚やお肉にかける
ニオイを押さえ変色しにくくなり鮮度が保たれます。
ペットボトルの水に適量加える
還元電位の低いミネラル豊富なデトックス水ができます。
コーヒー紅茶などの飲み物にひとふり
まろやかでやさしい味になります。
ヌカ床に入れる
時々ヌカ床に入れると発酵が良くなり、香りも味もおいしいお漬物ができます。
歯のブラッシングに使う
歯と歯茎がすっきりさわやかに

イノチの塩チラシ

ファイルサイズは小さくしてありますのでご了承ください。
両面印刷でお使いください。

新イノチの塩パンフレット